冷蔵庫おすすめ2017!手堅い評価ランキング


 

冷蔵庫を手堅く選ぶ

引っ越し、冷蔵の具合が良くない、冷蔵庫の容量が家族に合わなくなってきた‥

このように生活スタイルの変化や、故障、サイズを変えたい、新しくしたいなどの理由から冷蔵庫の購入検討がはじまったかもしれません。
今使われている冷蔵庫が10年以上前のものなら、電気は75%近く省エネとなり電気代でいうと、年間13,000円ほど安くなります。
また、冷蔵庫の素材がフラットガラスとなりデザインがずいぶんすっきりとし、
扉に触れるだけで開くなどの新機能~サイズは同じでも冷蔵容量が大幅に大きくなったなどの進化が見られます。
特に洗濯機や掃除機に比べても、機能・省エネ性能の進化が大きい家電の一つとなります。

ですが、いざ機種選びをしようとネットで検索すると困ったものです。
販売されている炊飯器の機種はAmazonだけでも1500ヒットを超え、
他のECサイトを加えると、さらに増加するばかりです。

店舗で展示されているのは、多くても30〜40機種くらいだと思われますが、
ネット上では今年のモデルだけでなく、旧モデルに加え
流通毎に同じ商品が少し違う型番で販売されていることが、大量出品の原因です。

そのような混沌とした状況の中、どのように「手堅く家電を選ぶのか?」という疑問に対して、
カデケンでは家電の機能と購入後の評価を傾向調査し、皆さまの家電選びのお助けをします。

読者の皆さま、一人一人全員が満足した家電選びをできるように願い、進めていきたいと思います。

 

 

目次

P1.冷蔵庫選びのために知っておくべきこと
P2.W600冷蔵庫と小型冷蔵庫手堅い評価ランキング
P3.W650~W700冷蔵庫手堅い評価ランキング
P4.冷蔵庫選びの基礎知識

 

それでは、早速、手堅い評価の冷蔵庫をご案内していきます。

 


スポンサーリンク

 

手堅い評価ランキングの基準


2

【対象】発売後3カ月以上期間のたった製品

大手ECサイトやインターネットアンケートでの
購入後評価を基準としています。

◎全体評価で星の数が4.0以上
◎分析可能な購入後の評価(レビュー)数が10以上ある
◎星1,2の低評価が、星5の1/10以下の値であるもの
(星1,2の内容を検証し、商品の問題に関する評価のみ不満評価換算する)
◎調査分析時点で品薄になっていないもの

以上の条件を満たした上で、
総合評価の高さ/ 星1・2の割合の少なさ/レビューの多さ/
を順に並べたもので手堅い評価ランキングを制作しています。

テッパンBEST
上記条件で上位にランキングされ、特に優れていると考えられるもの。
テッパンLITE
上記条件で、数値的・評価内容的にBESTよりは劣るもの。

※2017年6月時点の分析内容のため、現在のものと異なっている場合があります。
※家電検索としての評価です。あくまでも参考としてお役立てください。(詳しくは利用規約にて)

 

冷蔵庫おすすめ 手堅い評価ランキング 上位3製品


● 片開きタイプが上位!
手堅い評価の冷蔵庫1位、2位は、片開きタイプ。扉側の収納、モノの出し入れなど、シンプルですがやはり使いやすいようです。

 

 

冷蔵庫選びのために知っておくべきこと

どの冷蔵庫選ぶかについて、まずはサイズです。設置スペースの幅と奥行き、高さを確認いただき、冷蔵庫サイズを確認いただくことからはじまります。 冷蔵庫のサイズがきまりましたら、あとは好み(メーカーごとの特徴、お値段など)で候補を絞っていくことができます。

 

冷蔵庫のサイズをきめる

 

設置するすきまから冷蔵庫サイズ(幅)をきめる

図15

冷蔵庫のサイズ(幅)

540mm、600mm、650mm、685mm、750mm、825mm、880mm

などから選ぶことができます。設置するすきまから冷蔵庫の幅を確認して、

念のため、奥行き高さも確認して候補を決めてください。

 

扉のタイプをきめる

図9

扉のタイプは、片側に開く片開きか、観音開きに開くフレンチドアかになります。中型、大型ではフレンチドアが主流になっていますが、扉への収納量では片開きの方が勝っていて、選択は好みとなります。

 

メーカーごとのトレンド

 

<メーカー差が少ない機能>

 

① 野菜室のみずみずしさを保つ、イオンで清潔など

② 容量
(○○大容量、などの機能名がありますが全体の容量では各社大きな差はありません。どこの部屋を大きくとっているかというレベルです。容量を比較する際は、定格内容積ではなく、食品の収納スペースの目安(よく、括弧()で小さく記載されている)の実際の冷蔵・冷凍可能スペースのを確認することをおすすめします。

③ 稼働棚
各社ちがうので、実際にどこのメーカーのものが自分に合っているか確かめてください。

ということがあり、それ以外ではっきりとした差をメーカー特徴として抽出します。

④ パーシャル、チルドなど0℃近くの中間冷蔵
各社それぞれ、冷蔵庫内のチルドと、製氷室のとなりなどに、0℃前後の冷蔵でも冷凍でもない場所をもっています。こういった中間冷蔵の温度帯に大きなメーカー差はありません。


<メーカー特徴>

 

日立 = 真空チルド(0.8気圧に気圧を下げたチルド室0℃~2℃で鮮度をたもつ) 電動ドア・引出し(触れるだけでドアが開いたり、ひきだせたりします)

図10

三菱 = 氷点下ストッカー(-3℃~0℃)と切れちゃう瞬冷凍(-7℃。冷凍室ほど凍らないので包丁で切れる)に加え、独自のマットな質感のデザイン

図16

パナソニック = パーシャル(-3℃)とワンダフルオープン(冷蔵室、冷凍室が、一番おくまで全開できる)

図12

東芝 = 野菜室真ん中(野菜室がまんなかにあります)、タッチオープン(触れるだけで扉をあけることができます)

図11

シャープ = 野菜室真ん中(右側2/3ぐらい幅で深め)、ロック製氷(大きく透明度の高い氷がつくれます)

図13




スポンサーリンク



冷蔵庫内の温度 (念のため)

<冷蔵室>約3~6℃

冷蔵室のドアポケットはどうしても外気に触れる機会が増えるため、温度も上がります。ドアポケット部は約6~9℃くらいが目安です。

<冷凍室>約-20~-18℃

冷凍食材やアイスクリームなどの長期保存が可能な食材を保存します。

大きくは、この2種類の冷蔵と冷凍があり、この間の中間温度
0℃前後で特別な冷蔵室をつくり、<チルド>0℃~2℃ <瞬間○○・パーシャル>ー3℃ などがメーカーにより微差があると理解ください。

サイズをきめて、あとはメーカー差で好みのものを選ぶことになります。

では実際にECサイトなどのネット上で

 

 

 

冷蔵庫のサイズと メーカーごとの主な特徴などが分かったと思います。

 

次ページでは、”設置幅が60センチ前後の冷蔵庫” の手堅い評価ランキングをご案内していきます。