ロボット掃除機比較おすすめ2016!手堅い評価ランキング


 

ロボット掃除機を手堅く選ぶ

勝手に掃除をしてくれるロボット掃除機がずっと気になっているが、どうしようか迷っている。つかっていたロボット掃除機の充電池がきれて、買い替えを考えている‥

このようにしてロボット掃除機の購入検討がはじまったかもしれません。

2002年にはじめてロボット掃除機が日本で発売されてはや14年、初めの頃に興味をもって購入された方も、買い替えが必要な時期になっているかもしれません。けれども、結構値段も高いし、ルンバはどの程度性能が上がったのだろう‥と考えられているかもしれません。

心配はいりません! その間にロボット掃除機は立派な進化をはたし、新たなメーカーも参入して、今や拭き掃除できるロボット掃除機も人気です。

いざふたを開けてみると困ったものです‥売られているロボット掃除機の種類はアマゾンだけでも1,200機種を超え、その他ECサイトを加えると、さらに多くなっています。

お店ではせいぜい、今年去年でメーカーも限られているので多くても10~30機種ですが、ネット上には、今年のモデル、去年のモデル‥と過去のモデルに加え、流通ごとで同じ製品を型番、多数のメーカーの製品が売られていることが大量品種の理由です。

そんななか、どのように「手堅く家電を選ぶか?」という問いに対して、家電検索.comでは、家電の機能と購入後評価の傾向調査を行い、皆さまの家電えらびにお役立てできるように、記事にしています。

皆さま一人一人の家電えらびにお役立ちできることを願って、進めていきたいと思います。

 

 

ご案内のステップ

図14
P1.ロボット掃除機のトレンド2016
P2.売れ筋人気のロボット掃除機
P3.手堅いロボット掃除機選び
P4.おすすめロボット掃除機手堅い評価ランキング
P5.タイプ別ロボット掃除機おすすめ
 ・ 9kg以上の全自動おすすめ洗濯機
 ・ リーズナブルで高性能なおすすめロボット掃除機
 ・ カメラセンサーを使った高性能おすすめロボット掃除機
 ・ 値段も内容もおとく手堅いおすすめルンバ
 ・ 拭き掃除するならおすすめロボット掃除機

 

このような順番でご案内を行っていきます。

 

ロボット掃除機の最新トレンド

● センサーの進化・無駄のない動き

図3

カメラを活用したセンサーで部屋の空間を正確に認識し、無駄なく規則的な動きで掃除をすることができるようになりました。

(ダイソン360eye、ルンバ980、ネイト Botvac)

 

● 高精度に拭き掃除ができる

図4

拭き掃除ができる自動掃除機が人気です。最新のモデルでは、水化が水を吹きかけて拭き掃除をする機種がでてきています。

(ブラーバ ジェット240 など)

 

● さまざまなメーカーが参入

図5

パナソニック(三角のルーロ)日立(コンパクトタイプ)という日本の家電メーカーに加え、中国のリーズナブルで高性能なロボット掃除機も増えてきていて、ルンバ同等レベルの掃除機をよりリーズナブルに手に入れることができます。

(ECOVACS「エコバス」 JISIWEIなど)

 



スポンサーリンク



ロボット掃除機選びのポイント

 

走行タイプ

● ランダムナビゲーションかシステムナビゲーションか

大きく分けて、ランダムナビゲーションとシステムナビゲーションの2つがあります。システムナビゲーションは部屋の空間をカメラで認識して正確に無駄なく掃除をするのですが、利用状況によっては、必ずしも正確ではない(同じ個所を掃除していたりとか)もあるので、一概にどちらが優秀とは言えませんが、ランダムでもより無駄なく掃除をするということが可能になっています。

充電の持ち時間

 ●3時間充電して1時間稼働が標準レベル

概ねどのメーカーもこのレベルの充電環境となります。1日何度も動かすこともないので、必要十分かと思います。

 

各種精度

●ドックに帰還するか、ゴミのこしが多いか、ゴミすてなどが難しくないか、音がうるさくないか

このあたりの基本性能があとは、絞り込みのポイントとなります。


スポンサーリンク

 

次ページでは、売れ筋・人気のロボット掃除機はどんなものなのか?

よくある購入後の不満についてご案内していきます。