プリンターおすすめ2017! 手堅い評価ランキング


 

プリンターを手堅く選ぶ

これまで使っていたプリンターが動かなくなった。
インクノズルが詰まって印刷ができなくなった。
修理ならそれなりに費用がかさむ・・・・・・・・
だったら最新式のプリンターを買った方がいいかもしれない、最近のプリンターは、いろいろついてなぜか安い‥

このような経緯があってプリンタの購入検討を始められたのかもしれません。
印刷品質印刷スピードは、発売当初からわずかずつではあっても進化し続け、
プリンタ単体が主流だったころから、スキャナ付コピーもできる複合機が主流になりました。

ですが、いざ機種選びをしようとネットで検索すると困ったものです。
販売されている炊飯器の機種はAmazonだけでも500ヒットを超え、
他のECサイトを加えると、さらに増加するばかりです。

店舗で展示されているのは、多くても30〜40機種くらいだと思われますが、
ネット上では今年のモデルだけでなく、旧モデルに加え
流通毎に同じ商品が少し違う型番で販売されていることが、大量出品の原因です。

そのような混沌とした状況の中、どのように「手堅く家電を選ぶのか?」という疑問に対して、
カデケンでは家電の機能と購入後の評価を傾向調査し、皆さまの家電選びのお助けをします。

読者の皆さま、一人一人全員が満足した家電選びをできるように願い、進めていきたいと思います。

 

 

手堅い家電選びはこんな経験から始まりました

図1

良いレビューを確認して買ったはずが、全然違った‥

アマゾンや楽天などのECサイトでレビューをチェックして実際に買ってみると、悪いレビューを見落としていたために、購入前に期待していたものとは全然違う物を選んでしまいました。

念のために、購入後に悪いレビューを確かめてみると、自分でも不満に思っていたことが書かれていました。

悪い点に購入する前に気が付いていたら悪い点にも納得して購入できたかもしれません。

 

 

手堅い家電は悪いレビューにも問題がない

図2
全般的に問題の少なく、手堅い家電を選ぼうと思うと、上の図のように全体評価が4.0以上の高評価で、かつ星1つ、星2つの数が少なく、低評価も家電には関係していないものとなります。

 

家電検索では、手堅いと思われる家電を絞り込んでご案内するとともに、手堅い評価については、リンクから実際のECサイトでもお確かめいただけるように制作しています。

また家電検索で行っている分析情報では、良い点ばかりでなく、手堅い家電のもう一歩な点もご案内しているので家電に対する全体像をお確かめ下さい。

それでは、ここからのご案内に利用する手堅い評価ランキングの具体的基準についてご説明します。

 

手堅い評価ランキングの基準


【対象】発売後3カ月以上期間のたった製品&型落ち品

お求めやすい価格で、大手ECサイトやインターネットアンケートでの購入後の評価が、

◎全体評価で星4.0以上
◎分析可能な購入後の評価(レビュー)数が10以上ある
◎星1つの不満評価の数の合計が、星5の数の1/10以下の数であるもの
(星1つの評価内容が初期不良・配送など基本機能以外のものの数は省く)
◎調査分析時点で品薄になっていないもの
及び同等性能の後継機
の条件で、総合評価の高さ/ 星1つ・2つの割合の少なさ/レビューの多さ/ の数値を換算し手堅い評価ランキングとしています。

2

テッパンBEST
上記条件で上位にランキングされ、特に優れていると考えられるもの
テッパンLITE
上記条件で、数値的、評価の内容的にBESTよりは劣るもの。

※2017年7月時点の分析内容のため、現在のものと異なっている場合があります。
※家電検索としての評価です。あくまでも参考としてお役立てください。(詳しくは利用規約にて)

 

目次

P1.プリンターのイロハ
P2.手堅い評価のインクジェットプリンター
P3.手堅い評価のレーザープリンター
P4.プリンターの基礎知識
 

 

 

プリンターおすすめ 手堅い評価ランキング 上位3製品


●レーザープリンターが上位に2台
手堅い評価のプリンター1位、3位で小型のレーザープリンターがランキングされています。
インクコストの安さから大量印刷される方にモノクロレーザープリンターは評価が高いようです。
2位のHPインクジェット複合機はインクヘッド交換式のためインク詰まりの心配がなく評価が高いです!

 


スポンサーリンク

 

 

プリンターの基礎知識

主要3メーカーの特徴を知っておくべきことく

 

エプソン =コンパクト、染料インク、写真がきれい、スピードなどオールマイティに満足度高い、インクが高い(ランニングコスト高い)不満多い

【コンパクト】 幅だけをとっても39センチ程度 キャノンが43センチ(ブラザー40センチ程度ということでキャノンに比べると4センチと小さくなっています。奥行も、厚みもしかりです

【染料インク】 染める原理のインクのため、紙にしみこみ色をつくります。よって微妙な階調の色表現可能です。逆に、顔料のように表面にインクを盛るわけではないので、黒を中心としたビジネステキストはややボケたイメージになります


キャノン =顔料インク、黒文字を使ったテキストがきれい、写真がきれい、スピードなどオールマイティに満足度高い、インクが高い(ランニングコスト高い)不満多い

【顔料インク】素材の表面に塗りつける顔料は、黒文字などをはっきり印刷できます。また技術もすすみ、顔料でも十分きれいな写真印刷が可能です。


ブラザー =ランニングコストが安い、画質・スピードは満足の範囲ない

【ランニングコスト】4色インクを使い、上記2社に比べ、インクの値段や、なかなか無くならないなど、ランニングコストに対する満足が秀でています。


おすすめのプリンタの種類

 

①A4複合機 一般的なものです、上記特徴での選び分けとなります。

②L判専用プリンタ スマートホンから直接L判プリントを気軽にできるプリンタです。

LINEで共有した写真、今撮った写真を気軽に出力しておいておきたい人におすすめです

③A4モノクロプリンタ モノクロのみでいいランニングコストも安くつきます。

④FAX複合機 =一家に1台のプリンタ、FAXと合体とさせる

ブラザーの評価もあがってきており、またプリンタもLANケーブルでつなぎ、WiFiでプリントするのも普通になった今、FAX兼用にするのも有効の様です。

①には、ランニングコストを中心とした不満がすべての機種にあったものの、②③④には、不満の少ないプリンタが抽出できました。

プリンターの最新トレンド

さらに美しい印刷へ

23_s

技術的に限界レベルまで来ているのかもしれませんが、各社ともに印刷の美しさ、印刷のスピードにしのぎを削っています。

キャノン= 6色ハイブリッド

文字に強い顔料の黒+染料の6色(写真に強い)の最強の組み合わせ。写真のきれいさだけでなく、くっきりとした文字の印刷も実現しています。

エプソン= 6色インクで、写真高画質 

染料の6色(写真に強い)写真高画質。※すべて顔料インクのタイプもあります。

ブラザー= できる4色インク

文字に強い顔料の黒+染料の3色。

 

スマホからダイレクトにプリント

3

各社ともにスマートホンからの印刷が可能ですが、WiFiで連携している場合でも、WiFiが無い場合でも可能ということがポイントです。

スマホの写真を楽しむためのアプリ、年賀状をつくるためのサービスなど各社ともにいろいろ力を注いでいます。

 

タッチパネルで操作

 

プリンター(複合機)の操作については、多くの機種がタッチパネルになっています。

 

自動両面プリント

 

キャノン=自動両面プリント

キャノンのみ、自動で両面プリントをすることができます。

 



スポンサーリンク

 

以上がプリンターの性能上のトレンドです。次のページでは”インクジェットプリンター”の手堅い評価ランキングをご案内していきます。