ドライヤー 選び方


2014年秋現在発売されている92種類のドライヤーの情報編集・調査分析している家電検索が、ドライヤーを選び方についてご案内します。

はじめに知っておくこと

ドライヤーのタイプ

 

キーワード

サイズ・重さ

地肌ケア

COOL機能

 

メーカーごとのポイント

パナソニック

シャープ

日立

 

 

 


はじめに知っておくこと

ドライヤーのタイプ

<イオン搭載>

風や熱とともにイオンを発生させる機能です。

水分を含んだイオンを発生させて髪にうるおいを与えるものや、

マイナスイオンを発生させて静電気による髪の広がりをおさえるものなどがあります。

代表的なイオン

・ナノイー(パナソニック)

・プラズマクラスター(シャープ)

・ナノイオン(日立)

マイナスイオン

<大風量>

大量の風で髪を短時間で乾かすことができます。

風量は「㎥(立方メートル)」で表示され、1.3㎥/分 以上が一般的に大風量と言われています。

大風量

 

 

キーワード

サイズ・重さ

ドライヤーの使い勝手を考える上で、「サイズ」や「重さ」もポイントになります。

一般的なドライヤーの重量は400g~600gですが、持ち運びに便利な400g以下のコンパクトタイプも出ています。

 

地肌ケア

約50℃~60℃の温風で、髪へのダメージをおさえながら地肌まで乾かす機能です。

 

COOL機能

低温の風で髪を乾かすモードです。スイッチなどで切り替えるのが一般的ですが、高温と低温を自動で切り替えるモードがついたタイプもあります。

 

 

 

メーカーごとのポイント

パナソニック

「ナノイー」を搭載したモデルが主流です。

上位モデルは「ナノイー」&ダブルミネラル搭載でキューティクルの密着性を高める効果があるほか、

温風・冷風のリズム切り替えモード、スカルプ(地肌ケア)モードなど、多彩なモードが搭載されているのも特長です。

 

シャープ

全モデルにプラズマクラスターを搭載、静電気をおさえて髪にまとまりを与えてくれるドライヤーです。

上位モデルは約85℃の温風でやさしく乾かす「あったかドライモード」など、温度にこだわった機能が搭載されています。

 

日立

水分を含んだイオンを発生させて髪にうるおいやツヤを与えるナノイオン搭載モデル、大風量タイプのマイナスイオン搭載モデルがあります。

<関連ページ>

◎ 1000種類以上のランキングで好みのドライヤーを自由に選び分けする。

おすすめドライヤー 360°ランキング


◎ 条件をしぼった最新トレンドを確認する。

最新トレンド!ドライヤー おすすめランキング

予算5000円程度の売れ筋・人気ランキング

海外対応ドライヤー売れ筋ランキング 4選

大風量・速乾ドライヤーランキングと人気のポイント


◎ カデ研メンバー 自腹の レビューをみる

ナノケアドライヤー ロングヘアでもからまないレビュー

ケラスターゼとドライヤーで冬もつや髪 使い方レビュー

おすすめドライヤー 360°ランキングのトップページから、上記以外の、さまざまなランキング情報やレビューがありますので、ぜひご覧ください。